Good Sound Days
音楽とゲームと音楽ゲーム、それらが織りなす日々について。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/12/26(月)   CATEGORY: beatmania IIDX
CS環境
弐寺の家庭用をプレイする時の環境を紹介します。

●TV:BRAVIA32型
2007年に購入したモデルですが、メニュー画面の反応が良く、遅延も少なめで良いモニターだと思います。
購入価格は12万円弱で、これでも相当値引きされていたのですが、今や32型は3万円を切る時代・・・orz
ACの液晶モニターが37型なのでいずれ合わせたい所ですが、
BRAVIAには37型が無く32→40になってしまうのが残念なところ。
37だとREGZA一択になるような気がします。

●コントとローラー:DAOコン・FP7
中国のDJ dao氏が製作・販売しているコントローラーで、
KONAMI販売の専用コントローラー、通称「専コン」に比べて、かなりACに感覚が近くなります。
僕が購入した「FP7」は一回りスクラッチが小さいため全く同じではありませんが、
端の鍵盤からの距離はほぼ同じにされているようです。
他にも、スクラッチもACと同じ大きさにしている「PEE2(Premium Edition Evolution 2nd)」、
ハンドレスト付きで更にACに近づけた「Real Edition Single」、
そして、DP環境を一つで再現可能な「Real Edition Double」と言った上級モデルも用意されています。
DP時の2P側は専コンなので、いつかはReal Edition Doubleの導入を・・・。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © Good Sound Days. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。