Good Sound Days
音楽とゲームと音楽ゲーム、それらが織りなす日々について。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/03/10(土)   CATEGORY: ゲーム
祝?呪? PSVITA版PSO2
公式に発表されている通り、PSO2がPSVITA用タイトルとしても準備されているとのことです。
同じサーバーやデータを使って、家でも外でもプレイ可能という話だそうで、
非常に景気の良い言葉が踊っていましたが、
現時点では不安な要素の方が遥かに大きいのが正直なところです。
今後の要望のためにも、
個人的に思ったことをいくつか挙げていくことにします。

○スペック、環境の差
PSVITAが携帯ゲームとして飛び抜けたスペックを持っているとは言え、
PCと比べるわけには行きません。
そもそもα、α2の時点でPC間でさえスペック・環境の差は結構ありました。
僕のPC(Core2Duo、HDD、CATV回線)と友人のPC(Core i7、SSD、光回線)では
エリアの切り替わりで数秒の差を付けられていました。
普通に考えると、PCとPSVITAで同時プレイした時の差はもっと大きくなるでしょう。
VITAでの接続に3G回線を使う場合は更に厳しいことになりそうです。
PSUの初期、PS2勢がブルースダンジョンで経験した悪夢が再び起こるのではないかと・・・。
PT募集のコメントに「3G回線VITA☓」などと書かれるのは見たくありません。

○拡張性
PCゲームの特徴のひとつに拡張性の高さがあると思います。
最近では「スカイリム」にて、公式MODツールがリリースされました。
公式で用意された物を超えるようなグラフィック、効果音、更にはUIなどがユーザーによって続々と追加され、
その世界を拡張し続けています。
スカイリムがオフライン専用ゲームだからこそ可能という点を差し引いても、
こういった進化は大きな魅力です。

一方でPSUはPS2版と足並みを揃える必要があったため、
なかなか思い切ったアップデートが実施されませんでした。
PC版とPS2版の両方に良い顔をしようとして、結局どちらとも満足させられなかった感があります。
最終的にはPS2を切り離すことである程度の拡張性を見せたものの、
ゲーム性を大きく変えるような変化は導入されていないのが現状です。

PSO2のPC版とVITA版が同時リリースされるわけではないとのことなので、
PSUとはにおけるPS2と同一視することはできないでしょうが、
プラットフォームをPCに移した意味が無くなるのではないのかと、
僕以外にも多くの人が思っていることでしょう。
最も望ましくないのは、アップデートによってシステムやグラフィックやUIを改善できる可能性があるのに
「VITA側で実装できないのでPC側でもやらない」という、
スペックが低い方に合わせてしまうこと。
開発陣は再び自ら足枷を付けるつもりなのでしょうか?

○果たして外でプレイするのか
外でPSO2がプレイできるというのは確かに凄いことですが、
実際に外でプレイするのかと言えば、個人的には疑問符でした。
文字入力やコミュニケーションのシステムが相当磨き上げられないと、
正直オンライン協力プレイは難しいのではないでしょうか。
もしソロ専用と割りきってプレイするとしても、ゲーム自体がオンライン専用らしいため、
3Gモデルを使うかWiFi環境を準備しなければなりません。
スマートフォンの普及で回線がパンクするかもしれないというこのご時世、
固定回線よりも切断の危険性が高い中でのオンラインプレイは精神的に厳しいものがあります。
レアアイテムを目の前にしての回線落ちは考えたくない・・・。

ただ、マグがPSOみたいな餌やりシステムだった場合、
外出中でも育てられるわけですから、DC版時代からの念願が叶うことになります。
あと、例えば位置情報を元に何かしらゲームに反映させられるような内容があると、
外でプレイする意味がでてくるのではないでしょうか。


こうして挙げてみると、マイナス点というか、不安な要素ばかりが先に出てきてしまっています。
PC版の詳細すら判明していないのに、その先のことを不安に思うのは気が早いかもしれません。
そもそも不安を生む要因は、VITA版の出来そのものではなく、
PSUのPS2版で経験した様な、「マルチプラットフォームによる弊害」です。
PC版を主戦場にしたいと考えている以上、どうしてもこうなってしまいますね(´・ω・`)

もちろん開発陣も、こういった意見が出てくることは承知していることでしょう。
始めは「PC専用タイトル」として発表していながら、
そうでは無くなったことに対してきちんとした説明が為されること、
そして、上に書いてきたような不安が一掃されるようなものに仕上がることを期待したいと思います。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © Good Sound Days. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。