Good Sound Days
音楽とゲームと音楽ゲーム、それらが織りなす日々について。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/02/22(金)   CATEGORY: PSO2
PSO2:ゲームパッドとテンキーの合体
先日、Twitterにて「ゲームパッドとUSBテンキーを合体させた状態」の写真をアップしたところ、思わぬ反響をいただいたので、きちんとした記事にしようと思います。

●合体させた理由
PSO2では武器の持ち替えにゲームパッドの十字キー、もしくはキーボードのテンキーを使用することになります。
注:キーボードによる操作に関しては、Fキーや数字キーとの入れ替えも可能ですが、ここではテンキーとして話を進めます。

この二つに関してはそれぞれ長所と短所があると考えます。
・十字キー 長所:ゲームパッドから手を離さなくて良い。 短所:武器スロットを飛ばせないため、迅速な持ち替えが難しい。
・テンキー 長所:持ち替えがダイレクトに行える。 短所:パッドから都度手を離す必要がある。

これらの長所短所を解決しようと思いついたのが、ゲームパッドと小型テンキーの合体でした。
そして、先日Twitterにアップした写真がこれです。
合体パッド1_R


・ゲームパッド:HORI製 アナログ振動パッド2 ターボ
・テンキー:サンワサプライ USBテンキー NT-14UR

なお、純正PSコントローラーや他のサードパーティー製のゲームパッドは試していません。


そして現在は改良を加え、この様になっています。
写真 2013-02-21 23 40 45 (1)_R

●初期状態との違い
1.指が届きやすいようにキーを底上げ。
2.指先で判別できるように前列と後列で段差を付ける。

●作業について
1.テンキーのキートップの内、1〜9、NumLock、/、*キーを引き抜く
2.1〜6を除く6つのキートップを1〜6があった場所に移動
3.高さを揃えたゴム板(前列6mm、後列10mm)を、作業2で移動させた6つのキートップに接着(厚手の両面テープ使用)
4.1〜6のキートップをゴム板の上に接着(同じく両面テープ使用)。
5.完成したテンキー本体をゲームパッドに両面テープで固定。
あとはキートップに適宜目印のシールなどを適当に貼ればOKです。
ゴム板はホームセンターで買えると思います。僕は以前IIDX専用コントローラー(専コン)を改造した時に色々と購入していた中に入っていた物を使いました。

●使用感
合体した状態でも意外なほど持ち易く、ワンタッチで持ち替えができることによる利便性は非常に高いと思います。状況に応じて瞬時に最適な武器を選択できる様になり、戦闘が段違いに楽しくなりました。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2013/02/05(火)   CATEGORY: 未分類
PSO2:キーアサイン最適化
PSO2が正式サービスを迎えて以来、こちらで記事にしたことはなかったことに気づきました。

現在はSHIP3の住人で、1st:近接メイン(ヒューマン♂)と2nd:法撃メイン(ニューマン♀)の2キャラ体制でやってます。
射撃に関しては1stでも上げているものの、そちらに経験値を振る余裕が無いのでしばらくご無沙汰です(´・ω・`)

今回の記事は僕が行なったキーアサインの最適化についてです。

○キーアサインについて
基本的なプレイスタイルはパッド+キーボードですが、なるべくパッドのみで済ませられるように試行錯誤しました。
また、ソフト「JoyToKey(以下JTK)」の力も借りています。詳細はこちら
キー表記はPSコントローラーです。

・キーアサイン全体
 L3・R3の押し込みをそれぞれ「レーダーマップ切り替え」「エリアマップ表示/非表示」にしたこと以外は初期設定のままです。パッド時にTPSモードにすることは無いので、視点変更は入れていません。

・キャンセル時の誤ジャンプ防止
 αテストから今に至るまで改善策が出ていないため、もはや自衛するしかないと思い、次のような調整を施しました。
 1:JTKで「L1を押している間、□ボタンにキャンセルをあてがう」ように設定
 2:JTK上で連射機能を使用
これにより、メニュー画面やショップ、ビジフォンやクエストカウンターからキャンセルする際、L1を押しながら□を少し押し続けるだけでウインドウを全て閉じることができます。なお□ボタンは通常攻撃ですが、連射機能はあくまでも「キャンセル」にしか有効にならないため、キャンプシップ内で押し続けた時に通常攻撃が暴発したり、ロックオン時の通常攻撃が連打になる=ジャストアタックができない」ということはありませんでした。
 
・ロックオン対象の切り替え
 これはJTKで
「L1を押している間、○ボタンにロックオン切り替えをあてがう」
 ことで解決しました。

・チャージPAにおける溜め中のジャンプ
 PAや△ボタンに設定したテクニックなどで高空の敵や弱点部位を狙う場合、△ボタンを押しながらジャンプする必要がありますが、初期状態ではジャンプが×ボタンに設定されているため、配置の関係上とても押しづらい状態になります。押したつもりが反応せず、チャンスを逃すこともありました。これをJTKで
「△ボタンを押している間は○ボタンにジャンプをあてがう」

ことで解決させています。前述のロックオン切り替えとボタンがかぶっていますが、ロックオン状態+チャージ状態で○ボタンを押した時はジャンプが優先されている様で、ロックオン対象が変わってしまうことは無かったです。

なお、具体的な設定については以下の画像をクリックして参考にしてください。
(Button1:△ Button2:◯ Button4:□ Button7:L1)

ジョイスティック1「△とL1を押した時にボタンの役割をそれぞれジョイスティック3,2の設定に変更する」
JTK2.jpg

ジョイスティック2「L1が押されている時のキャンセルとロックオン切り替え」
JTK3.jpg
初期設定ではロックオン切り替えが空白なので、僕はキーボードの「B」に設定しました。

ジョイスティック3「△が押されている時に◯でジャンプする」
JTK4.jpg

次回は、先日から導入している「ゲームパッドとテンキーの合体」について。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © Good Sound Days. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。