Good Sound Days
音楽とゲームと音楽ゲーム、それらが織りなす日々について。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2015/12/16(水)   CATEGORY: オーディオ
MacaW GT100sレビュー
約一年ぶりの更新となります_(:3 」∠)_

先日手に入れたイヤホンが素晴らしかったのと、Instagramに上げた写真にフォロワーさんが反応されたこともあって、ぜひきちんと紹介したいと思いレビュー記事を記すことにしました。
その名は「MacaW GT100s」。

現時点では検索をかけても日本語でのレビュー記事が見当たらず、これが初めてになるのでしょうか。頑張ります('ω';)

入手経緯:ヤフオクにて6000円で落札。ライバルもおらず、開始価格で手に入れることができました。

公式サイト:MacaW GT100s
中国のメーカーで、サイトは最近よく見る縦長の構成です。

・ドライバ:シングルダイナミック型
・周波数範囲:5Hz-16KHz
・感度:100dB
・インピーダンス:16Ω
・ケーブル長:1.35メートル
といったスペックが見て取れます。


○外箱(中身は取り出し済み)
IMG_1973_R.jpg
化粧箱はハードケース、ロゴ入りのシリコンバンドで閉じられていました。この時点で明らかに良い意味で値段不相応のオーラを感じます。
付属品は非常に豪華。シリコンイヤーピースが2タイプ計4セット、フォームタイプが2セットの合計6セット。音質を変更できるというノズルが3セット(一つは本体にセット済み)。品質の良い革製ケースも付いてます。

○イヤーピースとノズル
IMG_1971_R.jpg
・イヤーピース
1.芯が固め、周りがソフトな2レイヤータイプ。大中小の3セット。
2.単一素材タイプ。少し内径が小さめです。1セット。
3.フォームタイプ。おなじみコンプライとは異なる物でした。2セット。
・ノズル
説明書(日本語表記無し)を見て判断すると、シルバーがバランス、ゴールドは高音寄り、ブラックが低音寄りと思われます。写真は手前がゴールド、奥がシルバーとなります。

○ケース
IMG_1975_R.jpg

IMG_1977_R.jpg
臭いも無く、手触り良好でお洒落な革製ケース。内部は型崩れ防止が施されていて実用的です。ボタンやマグネットではなく、ケースから出ている紐を巻きつけて収納します。

○本体外観
IMG_1981_R.jpg

IMG_1985_R.jpg

IMG_1987_R.jpg

IMG_1988_R.jpg
本体、マイク付きリモコン、分岐部、プラグが金属製です。この季節は装着時に少しヒンヤリしますね。
本体とリモコン部にロゴが見られます。おそらくアルファベットのMとW、あと周波数グラフをモチーフにしているのでしょう。
ケーブルは細め。巻き取りに苦労はしませんが少々長い(1.35m)ので、ケースの中で絡まっていたことも。
リモコンは1ボタンタイプで音量調整は不可。iPhoneで操作した場合は再生、停止、曲のスキップ、バックが可能でした。長押しでSiriも起動します。

○ノズルの交換
IMG_1991_R.jpg
ネジ式で本体に装着されていて、手で簡単に取り外しが可能です。

○装着感、遮音性、音漏れ
見ての通りゴツゴツしているため、装着時に多少異物感はあります。耳の形によってはきちんと収められない人もいるかもしれません。装着方法はケーブルを耳の上から通す(Shure掛け)一択となります。
遮音性は問題無し。筐体に小さな穴はあるものの音漏れも気にならないでしょう。

○音質
まず驚いたのはとても煌びやかな高音。ダイナミックドライバーであることが信じられないほどに細かい音を拾ってきます。下手なBAイヤホンが逃げ出すのではないでしょうか。
かと言ってsやth音、シンバルや金管楽器の音色に不快さは無く、見事なチューニングがなされていると感じます。
一方で低音は少なめで、ブラックノズルを使ってもなお物足りなさがあります。この辺りはプレイヤーやアンプで上乗せしても良いでしょう。もちろん質は十分高いです。
ちなみに音量は取りにくいです。iPhone6の場合、7〜8割まで上げてようやく満足な音量となりました。

○久々の出番
IMG_1992_R.jpg
iModとSR-71Aを引っ張り出して聴いてみると、適度な柔らかさと低音が加わって相性抜群でした。愛着を抜きにしても、まだまだ現役でいける組み合わせと感じます。
イヤーピースは付属品や手持ちの物を色々試した結果、付属のフォームタイプに落ち着きました。シリコンと比較して、少し高音が抑えられるのが良い方向に働いていると思います。

○Listening & Thinking
IMG_1979_R.jpg
ケースの蓋をめくったところに書かれている言葉です。今やカスタムイヤモニターでなくても10万円以上するハイエンドモデルが珍しくない状況ですが、このお手頃価格で手に入れてしまった素晴らしいイヤホンを楽しみながら、色々と考えさせられてしまいました。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2014/12/26(金)   CATEGORY: PC
2014年に購入したものアレコレ番外編
・SSD:CT512MX100SSD1
写真 2014-12-16 13 36 53

番外編としたのは、本来購入予定では無かったからです。つまり、もともと使っていたSSDが寿命を迎えてしまったわけで・・・。
前回の記事を上げた翌日、PCを再起動しても全く反応しなくなり、OSが立ち上がらなくなりました。考えられる様々なこと試した結果、原因が「SSDが力尽きた」という最悪なものです。データ関連は別のHDDに保存していたので被害は抑えられたものの、Cドライブに入れていたドキュメントや画像などは全滅し、諦めるほか無かったものも少なくなかったです_(:3 」∠)_
そのまま同じSSDにインストールしても解決しないのと、最近容量不足に悩まされてきたのもあって、ここは大容量のものに新調しようと思い、価格.comでも評価の高いこちらの製品に決めました。決定にあたり、様々な助言を下さったフォロワーの皆様に御礼申し上げます。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2014/12/11(木)   CATEGORY: オーディオ
2014年に購入したものアレコレ その2
・ウォークマン NW-A16
写真 2014-12-08 23 03 55_R
ここ最近DAPはiPhone6を使用していましたが、きちんとしたプレイヤーは欲しいと思っていました。とは言え、AKシリーズを始めとした最近の高音質プレイヤーの価格は恐ろしい状況であり、とても手が出ませんでした。
そんな中登場した、こちらのウォークマンAシリーズ新製品。ハイレゾ対応でありながら2万円台と購入しやすい価格、独自OSによる堅実な動作、薄く小型・美しいデザインと、正式発表された瞬間に「これを待っていた!」と思った人も多かったはずです。もちろん僕もその1人でした。
とは言え、実はハイレゾ音源自体ほとんど所持していないため、普通の高音質プレイヤーという感覚で使用しています。よくある表現ですが、今まで再生してきた曲が違って聞こえてくる感覚は楽しいものですね。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2014/12/11(木)   CATEGORY: スマートフォン
2014年に購入したものアレコレ その1
前回の記事がなんと1年と4ヶ月前ということに気づき、流石に放置し過ぎだろうということで、2014年に購入したものについて書いてみようと思います。

・iPhone6用ガラスフィルム(画面全面タイプ)
Frame Glass Protector for iPhone 6(クリックでメーカー公式ページ)
写真 2014-12-09 0 27 34_R

今年の9月にiPhoneを6に変えました。今まで3GS→4→5→6を来ており、最初を除いて、基本的にナンバリングが変更された時に機種変更をするようにしています。
ご存知のように、iPhone6(6Plus)は表面ガラスの縁が湾曲しており、保護フィルムメーカー泣かせの仕様となっています。明らかに画面の左右が覆えていない製品もあり、ネットでちょっとした騒ぎになったことも記憶に新しいです。
さて、この商品は高品質で定評のあるsimplismシリーズの新製品で、パッケージにも「画面全体を守る」と謳われています。直前まで貼っていたフィルムの端がめくれてしまい、交換を考えていた時に店頭で見つけました。税抜き3400円と、決して安くはないものでしたが、まさに求めていた品物だったため即購入です。

・貼ってみた
写真 2014-12-10 1 03 26_R
セオリー通りお風呂場で貼りました(公式FAQがお風呂場について言及しているのも面白いです)。しかし、残念ながら数カ所に僅かなホコリが混入_(:3 」∠)_
厚みがあるため、液晶が少し遠くなったような感覚を覚えるものの、透明度が非常に高く指の滑りも良好、操作には問題がないと感じました。
カバー範囲について、確かに画面全体は覆えています。ですが、端の湾曲部分にピッタリとフィットしているわけではなく、写真の様に少しはみ出している状態となります。爪で簡単に剥がすことができますし、何かに引っかかればそのまま剥がれてしまう可能性はあるでしょう。端を保護できるようなケースと併用することを勧めたいと思います。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2013/08/23(金)   CATEGORY: オーディオ
MOMENTUM BLACK購入
久しぶりに一目惚れしてしまったヘッドホンです。
その名はゼンハイザー”MOMENTUM”。
HD650やHD800、イヤホンだとIE800などを生み出している老舗メーカーが、デザインと音質の両立を目指して作り上げた逸品です。
公式ページ
「MOMENTUM BLACK」はそのカラーバリエーションモデルで、デザインや色使いが完全にクリティカルヒットしてしまい、お店で実物を見て数日後に注文してしまっていました(´つヮ⊂)


写真 2013-08-10 20 13 54_R
箱からして只ならぬオーラを感じます。
右上にiOS機器対応を謳うシールが貼られており、リモコン付きケーブルも付属されています(通常ケーブルと交換も可能)。
黒赤繋がりということで、後ろに少し見えているのは僕のPCです。余談になりますが、こちらは組み立てて1年以上経過しました。今も調子良く動いてくれています。

全体
写真 2013-08-17 2 12 07_R
とてもシンプルな外観で、少し時代を感じさせるような雰囲気すらあります。重量は195gと非常に軽く、長時間かけていても負担にならず、薄いヘッドバンドと相まって、頭と一体化した様な感覚を覚えます。

ハウジング
写真 2013-08-17 2 10 48_R
艶消しされた渋い黒色のハウジングです。ヘッドバンドと繋ぐアーム部分はヘアライン仕上げされた強靭なステンレス製。
鈍く輝く美しい曲線に単なる金属とは違う、日本刀の如き「鋼」を感じることができました。
ケーブルは着脱式ですが、eイヤホンに問い合わせたところ、現時点では音質向上を目的とした他社製ケーブルは発売されていないとのこと。人気機種ゆえ、お店の人も「オヤイデさんあたりからのリリースを期待している」と話していました。


イヤーカップ内側
写真 2013-08-17 2 12 58_R
イヤーカップのクッションはとても柔らかくモチモチ感があります。付け心地は素晴らしいですが、残念なのはその大きさ。アラウンドイヤー(耳覆い)なのかオンイヤー(耳乗せ)なのかハッキリしないサイズで、耳がスッポリ入る人もいれば無理な人もいるという・・・(´・ω・`)
内部はアクセントとして赤く染められています。装着すると当然見えることのない部分なのに、この拘りは尋常ではありませんね。

iPhoneと合わせて
IMG_20130810_232325_R.jpg
僕のiPhone5と一緒に撮影してみました。赤いメタルフレームを装着しているため色の相性もバッチリです。
ポータブル機器でも力を発揮できるような調整がなされているため、十分な音量・音質を確保できていると思います。
iPhoneで再生する時は「AUDYSSEY Music Player」を使っています。「接続したイヤホン、ヘッドホンに合わせた音質補正プロファイルを使える」という機能があり、このMOMENTUM用のも用意されていました。


個人的に感じたことがひとつ。
この機種は公式ページのどこを見ても、単純なスペック以外の技術的なことがほとんど書かれていません。
よくある「ドライバーに○○という素材を使い~」や「○○機構によって低音が~」といったアレですね。
例えるなら、目の前に料理を並べられて、「良い素材を使って丹念に仕上げました。さあ召し上がれ。」とだけ言われているかの様です。
メニューによる説明も、シェフのコメントも何もなく、ただ出されたものを食する。しかしその全てが素晴らしい出来栄え・・・。
そして一言「ごちそうさまでした」と。

記事を書いた時点で、まだ手元に来て2週間も経っていない状態ではありますが、購入して本当に良かったと思っています。

※余談
今回の写真の背景に使っている黒い布は、実は以前使っていたトレーニングウェアだったりします。
下に敷くものを探していた時にたまたま見つけて、光沢感がちょうど良かったという・・・。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © Good Sound Days. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。